読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

One Life So Enjoy!!

毎日を楽しく健康に!保健師のセルフコントロールダイエット実践日記

あなたの脂肪の中身は?

今日は暖かい日差しが降り注ぐ、気持ちのよい秋空になりましたね。

「食欲の秋」だからから食べ物が一層美味しく感じますね。

本日は体重増加がもたらす変化についてお話ししたいと思います。 
体重が増えるということをみなさんはどうやって自覚しますか?

体重計に乗っておられる方は体重計で気づきますが、
乗らない方は服のサイズが合わなくなってからや、
外見的に変化が出てから気づく場合が多いのではないでしょうか?

今回のお話は、後者の外見的に明らかになってから体重増加を感じる人のお話です。

Aさんは、身長156? 52?
最近服がきつくなったなとは思っていたけれど、体重計に乗らずに気づかないフリをしていました。
けれど、さすがにこれは…と思いいざ体重計に乗ってみると・・・

57?ドクロ・・・5キロ増でした。

AさんはもともとBMIという身長体格指数が21と標準的な健康体重でした。
しかし、5キロ増によってBMIが23と標準〜肥満の間になってしまいました。

Aさんはショックですが、どうしていいかわかりません。

痩せなきゃと思いながらも生活を変えることができません。

Aさんは5キロという脂肪を新たに手に入れました。Aさんが両手に一つずつ、何かを持っている状態と仮定すると、
新たなもの(脂肪)を手に入れると、片方の手の中にある何かを手放さなければいけません。
それは何だと思いますか?
体重の変化はAさんだけのものです。

しかし本当にそうでしょうか?

Aさんの変化はAさんだけのものでしょうか?
Aさんの周りの人達はAさんの変化を体型によって感じるのではありません。

何で感じるか?

そう、Aさんの行動で変化を感じるのです。

仕事中、近くの電話が鳴っています。
近くにはAさんと同僚。
今まではすぐに立って電話に出ていたAさんですが、今はなかなか腰を上げれません。

遅刻ギリギリの会議。
一緒に出席する予定の同僚は階段を一気に登って息を切らせて会議室へ。
Aさんはエレベーターを使って時間を少し過ぎて会議室へ。
そこにはAさんの上司がすでに着席しています。

皆は少しずつ感じていいきます。

あれ、Aさん・・・・

「最近怠けてない?」

Aさんが手放したもの、まわりの人が感じること。

それは

身軽さです。
 
Aさんがが手放した身軽さはAさんだけのものではありません。Aさんの周りの人のものでもあるのです。Aさんの身軽さを失った行動でAさんの変化を感じるのです。
手放した身軽さはどんどんと積み重なり、Aさんの変化(評価)となってゆきます。

脂肪を手に入れてしまったばっかりに、Aさんはとても大切なものを失ってしまいました。
急激に太ったなと感じておられる方。

体重増加を見て見ぬふりをしている方。

あなたについてしまった脂肪の中身はホントに脂肪だけでしょうか?

身軽さを手放してしまう前に、できることから始めてみましょう。