読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

One Life So Enjoy!!

毎日を楽しく健康に!保健師のセルフコントロールダイエット実践日記

モニターさん進捗状況その2

みなさま、こんにちは。


週始まりの大阪はすっきりしない天気からのスタートですね。


曇り空のお蔭で少し気温も低めで過ごしやすい日になっていますね。


では、前回より引き続きのBさんです。


Bさんには、一度カロリー計算からは一旦離れていただき、バランス重視の食事を心がけていただくようにアドバイスしました。


タンパク質をしっかりと摂る

おやつをストレス解消や暇つぶしに食べない

1回のおやつは手の平にのる程度にする

夕食が21時を超える場合はなるべく炭水化物は摂らないようにする


なるべくたくさんの野菜を摂れるように工夫する


これを基本軸に食事を摂っていただくことにしました。


前回のブログで必須栄養素の話をしましたね。



必須栄養素は食事で摂らなければいけないとお話しましたが、摂り方にはポイントがあります。


まずはタンパク質。


タンパク質は体を作る元になっている栄養素です。

ですので、不足するわけにはいけません。


毎食きちんとタンパク質を摂ることが必要です。


次に、炭水化物と脂質について。

炭水化物と脂質は人が動くためのガソリンとなります。


ですので、たくさん動く際には、十分な量が必要ですが、逆に動かない場合は、摂りすぎるとガソリンが余る=脂肪として貯蓄するということになります。

ですので、夕食の時間が遅く、寝るまでの時間が短い場合は、炭水化物と脂質はなるべく量を減らすか、摂らないようにすることがポイントです。


そしてミネラルとビタミン。

これらは体の調子を整えたり、体のお掃除をしてくれる働きがあります。


摂れるタイミングでしっかりたっぷり摂りましょう。



ただし、ビタミンを果物で摂る場合は注意が必要です。



果物には果糖という果物由来の糖分がたーくさん含まれています。


糖質というのは体を動かすガソリンです。


ですので、夜に果物を食べるとどうしてもガソリンが余ってしまい、脂肪として溜まっていってしまいます。


果物は朝に摂るのがベストです。


Bさんは野菜不足を解消するための、果物入りの野菜ジュースをたくさん飲んでおられました。


ですので、夜に野菜ジュースを飲む習慣はやめていただきました。



そのように食生活を変えていただくと、カロリー計算をしていた時よりも食事量は増えることになっていしまいましたが、体重は増えず、むしろ減少傾向となりました‼


栄養の偏りが改善され、上手に体に必要なものを摂りこめるようになったBさん。


スタート時から2か月で2キロ減。


顔も小顔へ、太ももとお尻のサイズダウンもしてきました!


むふふふ



いい感じです♪



さて、そろそろ夕食の時間となってきましたね。


みなさんは、今日は何を食べますか?


カロリーだけでない、バランスを重視した夜ごはんにチャレンジしてみませんか?