読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

One Life So Enjoy!!

毎日を楽しく健康に!保健師のセルフコントロールダイエット実践日記

間違ったダイエットの怖さ〜カロリー計算ダイエットの罠〜

みなさん、こんにちは。


週明けの月曜日は雲ひとつない青空からのスタートです。



この調子で気持ちの良い青空が続いて欲しいですが、もう台風が近づいているそうですね。


明日は通勤時間に余裕をもって移動しないといけませんね。



さて、前回のブログの続きです。



前回のブログでは、なぜあのダイエットが怖いのか、を書かせていただきました。



今回のブログでは、「じゃあ、一体何食べたらいいってこと?」を考えていきたいと思います。




今回のブログタイトルにもあるように「カロリー計算」というのはダイエットには必要なことではありますが、
それさえクリアしていたら、ダイエットは成功するというものではありません。



逆に言うと、ややこしいカロリー計算なんてしなくても「食べる必要があるもの」をきちんと意識して食べていれば、不必要と言ってもいいかもしれません。



必要なのはこれはカロリーが高いものだろう、低いものだろうという「何となくの感覚」くらいで構いません。



一日の必要な摂取カロリーだけ計算して中身はサラダとお菓子とジュースだけ。。。。




こんなことしてたらいつまで経っても痩せないどころかどんどん「痩せない体」になっていきます。




じゃあ、何が必要なのか?



みなさん、これ知ってるはずです。


忘れているかもしれませんが。



小学校で習った家庭科の授業を思い出してください。







この画像記憶にありませんか?


小学校か中学校でおそらくみなさん、習われているはずです。



食事の栄養素を3つの群に分ける方法



赤い食べ物・・・からだを作るもと

黄色い食べ物・・・からだを動かすエネルギー源になるもと

緑の食べ物・・・からだの調子をととのえるもと



ダイエットに必要な知識はコレです。


これに尽きます。



これを知った上でするダイエットはおそらく食事面で失敗する可能性は格段に下がります。


逆にこの知識なく、実践するダイエットは必ず失敗します。



ダイエット中でも省いていけないもの、少なくても良いもの。



わかりますよね?



は必ず摂取。


控えるべきは黄色


これが大前提です。



体を作るもととなるたんぱく質は体で作ることができません。


なので、毎回食事で摂る必要があるのです。


体の調子を整えることも日々必要です。



どんな年代・性別・活動量の方でもこれは必須です。


ここが欠けると何らかの形で体の不調が出ます。


ダイエットに運動を取りいれる方はこの部分を特に意識しないといけません。


筋肉をたくさん動かすということは、メンテナンスがいつも以上に必要になるということ。


つまり体をつくる元となるものがいつもよりたくさん必要ということ。


たんぱく質をきちんと摂って運動することによってメンテナンスができ、且つ筋肉が増え代謝が上がり、「太りにくい体」が出来上がっていくのです。



前回紹介したダイエット法には圧倒的に「たんぱく質」が足りていません。


なので体のメンテナンスができず、運動で疲労した筋肉が元に戻れず瘦せていく→筋肉量の減少→たんぱく質を筋肉で補う→ますます筋肉量減少


という、悪のスパイラルとなっていきます。



そしてダイエット中に何度となく行かれていた「焼肉食べ放題」


たんぱく質を補えていいんじゃないの?とお思いかもしれませんが、たんぱく質たんぱく質のまま貯蓄はできません。


食事から摂る栄養素というのは、その場その場の現金主義なのです。


置いといて後で清算は出来ないのです。


じゃあ、摂りすぎたたんぱく質はどうなるのか?


はい、脂肪で貯蓄です。



しかも飢餓状態の中、突如として入ってくる食べ物に体の中はお祭り騒ぎです。


飢餓状態の体は「今こそは!」とせっせせっせとインスリンを大量に放出し、入ってくるエネルギーを少しでも洩らすまい!と貯蓄に励みます。


はい、大量の中性脂肪いっちょあがりです。


お、恐ろしい。。。。



食事というのは日々のバランスが大事です。


丸一日サラダばっかり食べたので、次の日は肉だけでいいのか?というのもではありません。


昨日は昨日、今日は今日なのです。


体は毎日消化し、吸収・分解するのです。


なので、まとめ食べはできません。



朝起きてから夜寝るまでの間に調整するのが基本です。



運動を多めに取りいれるダイエットをされる方はエネルギーも必要です。


必要以上に毛嫌いせず、黄色の食べ物も摂りましょう。


あなたがどんなダイエットをしたいのか?で食べるべき栄養素のバランスは変わります。



運動しっかり目のダイエットは十分なたんぱく質と野菜、適度な脂質と糖質。


運動をあまりしないダイエットでもたんぱく質と野菜は必須。


黄色の食べ物(赤の食べ物の中に黄色が多く含まれているものも含む)の摂り方(量・時間・食べ方)を見直す。



「筋肉をつけて代謝をあげることで体重を減らす」ダイエットか


「摂りすぎな栄養素を見直して体重を減らす」ダイエットか



自分の生活を見直し、自分がしたい、必要なダイエットはどちらか(もしくはその両方なのか)?




きちんと自分の方向を見定めましょう。



ダイエットは自分の中の戦略会議こそが大切。



しっかりと自分を知る、見定める。



そこに成功の秘訣は隠されていますよ。



あなたはどんな自分になりたいですか?