読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

One Life So Enjoy!!

毎日を楽しく健康に!保健師のセルフコントロールダイエット実践日記

効率よく痩せるためには?〜 inを減らすか、outを増やすか? 〜

みなさま、こんにちは。

暑い日が続いておりますが、夏バテ等で体調崩されていませんか?


昨日は外の暑さに基準を合わせて、膝上スカート&素足にサンダルで職場に行ったのですが、数時間後には、ラッキーにも置いていた(置きっぱなしにしていたべーっだ!)ひざ掛けを足に巻きつけて仕事をしていました。


夏は外の暑さもきついですが、屋内の冷房との上手い付き合いも中々大変ですよね。


冷房がきんきんに効いていた部屋から出た後、しばらく経って体は暑いなーと感じていても、太ももなんかが、まだまだひんやりしていることがあって、体冷えてるなぁと感じる場合が多々あります。


今日は昨日に懲りて、風通しのいい長ズボンで、しかも職場用に靴下も持参しました。笑


さて。

今日のお題である「効率の良いダイエット」についてです。


まず、前提として。


このブログでは何度もお伝えしていますが、どういったやり方が「効率が良い」と感じるかは、それぞれ違います。


ご自身が「楽チン!」と思えるやり方こそが「効率が良い」という前提はあります。


しかしながら、ダイエットの専門家として体の仕組みを考えると、「INを減らすか、OUTを増やす」かという選択はどちらが効率が良いか(痩せやすいか)と考えると


断然


OUT(活動量)を増やす!


と、答えざるを得ません。


それは、なぜか。


INを減らす(食事を制限する)というやり方は



爆弾発言をしますが。





痩せません



はい、びっくりしましたよね。笑



いやいやいやいやいやぁ、んなこたないでしょう!?


現に痩せてる人いるし!

という大ブーイングが聞こえそうです。


思わずキャッチーな言い方をしてしまいましたが、言い換えましょう。



INを減らすということは、「痩せる」ではなく、あくまで



元に戻す


だけなのです。




摂り過ぎたものを減らして、元に戻す。


これです。



越えているものを、戻すやり方なのです。



なので、INだけを調整していると、摂り過ぎていた部分を元に戻すことしかできないのです。


しかもやり過ぎると、筋肉を減らすという恐ろしいオマケまで付いてきます。。。



はい、なので本来の健全なマイナス(痩せる)を生み出すことはできません。


体に貯まっている脂肪をそぎ落としたいと思うのであれば、必要なのは



OUTを増やす!



これしかありません。


ダイエットに挑戦される方で、壁にぶち当たるのはだいたいココです。


OUTを増やす生活習慣を手に入ればければ、元に戻すことはできても、そこからそぎ落とすことはできないのです。


OUTを増やして筋力をつけ、基礎代謝が増えてようやく


「脂肪が燃える身体」=「痩せるからだ」


となるのです。


みなさんが、今なさっているダイエットは「元に戻す」なのか、さらに「減らす」ダイエットなのか?


どちらでしょうか?



今の自分ができること、したいこと。


なりたい自分のためにできること、したいこと。


ここの溝をどうやって埋めるか、がポイントです。



なりたい自分、きちんと見えていますか?


目標が見えないやみ雲ダイエットから卒業して目標の見える「なりたい自分」ダイエットを始めてみませんか?

目指す自分が見えたら、方向は定まります。


まずは、しっかりとした「なりたい自分」を見つけてくださいね。