読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

One Life So Enjoy!!

毎日を楽しく健康に!保健師のセルフコントロールダイエット実践日記

年齢を重ねると劣化するのか?

風邪気味2日目。

ひどくはなっていませんが、良くもなっておらず。

万全でない日が続きます。

今日、ネットのニュースを見ていると「芸能人の○○さん、38歳でも劣化しらず」的な記事を発見。

 

最近多いですよね、○○は劣化した、または劣化しらず的な記事。

 

今日たまたま気になったのは、私がその記事の芸能人と年が近かったからです。(笑)

その芸能人が誰かなんてことは置いといて。 


さて。

この「劣化」という問題。

 

一体なにが問題なのでしょう?

 

劣化とは・・・

デジタル大辞泉の解説より

[名](スル)性能・品質などが低下して以前より劣ってくること。

だそうです。

「以前より」というと、年齢を重ねることがやはり「劣化」に繋がるのでしょうか?

劣化が取り立たされる芸能人と、いつまでも綺麗で取り立たされる芸能人の方がいらっしゃいますよね?

どちらの芸能人の方も年齢は重ねておられます。

では、その違いは何なんでしょう?


おそらくですが、
年齢に応じた「性能・品質」をアピールできているか?によるのではないでしょうか?
 

若い頃に高品質だった部分(例えば肌)を年齢を重ねて勝負すると、それは絶対的に勝ち目はありません。

 
ですが、若い頃にはなかった部分をアピールしていくとどうでしょうか?
 

昔読んだ、桃井かおりさんが答えていた加齢に対してのインタビュー記事が印象に残っています。
 
「昔に比べると胸の位置は下がったけれど、
そのおかげでシャツのボタンをもう1つ開けられるようになった」
 
素敵な発想ですよね。
 
加齢によって失うものはあります。

ですが、得られるもの(新たに見つかったもの)もあるはずです。
 

良くも悪くも人は月日と共に変化をしていきます。
 

その変化をどう捉えるかで変わっていくのではないでしょうか?
 

私自身、10代や20代の頃に比べると、肌の色に変化がありました。

 
そうすると、似合う色が変わってくるんですよね。
 
昔の服が合わなくなったのは事実
 
でも違った色みの服が似合うようになったという発見もあります。
 

変化に気付く。
 

そしてそれをいかに楽しむか。
自分の新しいモノとして取り入れるか。
 

その気持ちが「劣化」を感じさせない大きな要素ではないかと思います。
 

加齢を悪者にしていては、30代後半からはどうにもなりません。(笑)
 

いかに味方につけるか?
 

反発したり、見えないフリをするよりも、仲良く年齢を重ねて生きたいものです。
 

今朝の体重・・・47.8kg(身長159cm)前日比±ゼロ
朝ごはん・・・パン、カスピ海ヨーグルト、コーヒー
昼ごはん・・・自作弁当(カレー)
夜ごはん・・・焼きレバーと焼き野菜、押麦入り白米