読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

One Life So Enjoy!!

毎日を楽しく健康に!保健師のセルフコントロールダイエット実践日記

セルフコントロールダイエット体験モニターさんのその後

みなさま、こんにちは。


すっかり更新が滞っていました。。。


日が落ちるのも早くなって、すっかり秋めいてきましたね。


昨日は自転車を漕ぎながら、でっかいまん丸お月様を眺めて秋の夜をしみじみ味わいました。



さて。


今回は嬉しい報告をひとつ。


去年の6月にセルフコントロールダイエットのモニターに参加してくださったモニターBさんが、その後のセルフコントロールダイエット生活+私のブログでのモニターさん報告をFacebookにまとめてくださいました。


ダイエットのカウンセリングをしてから一年ちょっと。


Bさんが今もセルフコントロール力をフル活用して体重コントロールをなさっているのを嬉しく思います。


「なりた自分」をきちんと意識して、自分の力でコントロールしているBさん。


良い卒業生です。(笑)


Bさんに許可をいただいて、一部編集しておりますが、Bさんのその後のセルフコントロールダイエット力を感じていただければと思います。


下記引用です。



========================================================================


【ウエイトコントロールのサクセスストーリーまとまりのないまとめ】


友美先生ありがとう。
ダイエット中の食事に付き合ってくれたみんなありがとう。
試合終わるまで食事の約束せんと待ってくれたみんなありがとう。

(Bさんは器械体操をなさっています)

露出度高いレオタードならもちろんのこと、服着ててもわかるぐらいスリムになってしまって、どうやって痩せたん?ってよく聞かれるんでまとめときます。



どうやって痩せたん?って聞いてくる人の中で、体操部の人はほぼ100%の人が、部分的にでも参考にして実践してくれます。


一般人のうち、ごく一部の今ガンバってる人や結果を出した経験がある人は、「私もそれやってる(やってた)」って言うて共感してくれるパターン。

残り大半が「あ〜私には無理」って言うだけなんですけど、運動量がそもそも違うので、食事制限の話しただけで無理やったら、カネ出して痩身エステか脂肪吸引にでも行くか、ダイエット自体を必要ないなら諦めれば?って思うけど、本気出して運動もして食事も気をつけるなら、一緒に頑張りましょ。


私が2年連続で取り組んで結果を出せたウエイトコントロールは、
栄養素重視の、まさにYou are what you eatの考えを貫く、むちゃくちゃ正統派なやつです。


絶食なし。
サプリメントなし。

今までの自分の

・お菓子大好き!お菓子は食べて、その分食事は抑える
・カロリーには敏感に
・練習や筋トレには熱心に取り組む

という方法に


それは間違ってる!ってちゃんと言ってくれる友美先生のダイエット塾で学べてよかったと思ってます☆


https://www.facebook.com/enjoy.selfcontrol.diet



今年は不安要素として、
・ジョギング禁止
・唯一の有酸素運動、振り通しも去年ほどできてない
・ホルモンバランスを人為的に操作した結果がどうなるか未知

でも結果的には狙い通りになりました。


チームの先輩も、Bさんがよくやってたからつられて自分もやって、今年の試合は楽に動けたとまで言ってくれた。


あとは、不安要素をカバーできるぐらい筋肉がついたんやと思います。


試合3週間前に左膝がぐらぐらしてスクワットもでけへんぐらい痛くて治療行ったら、トレーナーに筋トレ不足ってこっぴどく怒られて、下肢の筋トレを強化。


グラフにはしてないけど、ずっと手術足の筋肉量が少なかったのが試合直前に左右差なくなって一人でドヤ顔してました。



食事制限は基本的には去年と同じことを再現しただけです。
みんな知りたいのはここですよね、前置き長くてごめんなさいm(__)m


【実行したルール】(友美先生の監修)
・日没後の炭水化物は禁止
・朝はパン食べてOK、夜焼いても朝食べる
・野菜を最初にてんこ盛り食べて、たんぱく質食べて、最後に糖質
・カロリーではなく、糖質とたんぱく質の含有量を見比べて外食や買い物する
・おやつは15時〜17時の間に片手のひらにのるだけ
・練習中の水分補給は水かお茶(真夏の汗だくになる体育館はスポーツドリンク薄めたやつも可)


  1. 【試合1ヶ月前からの特別ルール】

・禁酒
・練習後すばやくご飯が食べられへん時はプロテイン摂取



正月太りからの2月の旅行でさらに大きくなり、旅に行くちょっと前からジョギング友達作って公園を5キロ走る日々、それでも4月の試合の朝は48.7キロ。

そのあと旅行でまたデブ化。


ゆるーく意識し始めたのは6月はじめぐらいから。
本気出したのは、7月中旬。


去年と同じぐらい、45.8ぐらいを目標にしてたけど、
45.3まで落とせて、サイズもどこもかしこも去年よりマイナス1ぐらい。


今は試合後で、一時的に制限を緩めていますが、
試合が終わっても体操選手をやめるわけではないし、まだ10月にも試合あるし・・・。


来月の旅行で楽しく飲み食いするためにも、今日からまたぼちぼち引き締めて行きます。



10月下旬の試合は46キロ台前半で出ることを目標に☆


ダイエット中は、我慢も制限もあるけど、落ちていく体重やサイズを見るのは楽しいし、
引き締まった体を見るのも気持ちいいし、ガンバって結果出せた自分のことが愛おしくてたまらんから、しんどいとかやめたいと思ったことはそんなになかったかな〜。


停滞期は焦ったりしょぼくれたりもしたけど。



口だけで痩せたいとか言ってるみんな、そろそろ本気出したほうがいいよ。


努力して結果出せたら気持ちいいから。



去年の結果は友美先生がまとめてくれてた↓↓
http://ameblo.jp/barbalib120/entry-11931858982.html


べた褒めされたやつ↓↓
「ダイエットのゴール」
http://ameblo.jp/barbalib120/entry-11926638635.html

友美先生おこのやつ↓↓
「モニターBさん〜番外編〜」
http://ameblo.jp/barbalib120/entry-11918317440.html

途中経過
http://ameblo.jp/barbalib120/entry-11915065894.html
http://ameblo.jp/barbalib120/entry-11911737054.html

スタートのころ
http://ameblo.jp/barbalib120/entry-11904582857.html
http://ameblo.jp/barbalib120/entry-11900570751.html



========================================================================


いかがでしたか?


Bさんのダイエットは厳しいものだと感じましたか?


目標を意識して、自分のできる範囲で、自分ができることを。


自分で決めたするべきタイミングで実践する。


我慢はし過ぎない。


緩める時期はゆるめる。



大切なのは続けられることを実践していくこと。



ダイエットはイベントではありません。



日常に組み込めてこそ、成功です。



「違う自分になりたい」


「変わりたい」


そう思った時は、まず



「何をどう変えたいのか?」


ここをしっかり考えましょう。


目標が明確でないものには、なかなか辿りつけません。


最短距離で目標に近づくためにも、ここをしっかり考えるのはとても大切です。


「なりたい自分」を明確にする。


それが、変わるための一番の近道です。




「なりたい自分」が見えていますか?